● 燃料を節約する方法 ●
エンジンで発生した力は実際に車を動かす力としては20%〜30%しか使われていません。
スパークプラグというものを紹介します。プラグはガソリンに火を付ける役目をしています。燃料発熱量100%自体を保つ為にはプラグの役目を充分に発揮させる事です。プラグが劣化してくると100%が90%〜80%と劣化と共に低下してきます。
40km/Hで走行するとして1分間でエンジンは1000回転以上回転します。 1本のプラグで1分間に250回以上の火花を出す事になります。 その火花の大きさが(劣化すると小さくなる)ガソリンの燃焼効卒に左右します。 物を燃やす時1本のマッチと2本のマッチでは2本の方が早く火がつきます。 それと同じ理屈にです。 完全に燃やして生ガスを出さないようにする事は環境にも良い事です。 プラグを交換する事により3%〜7%位の節約になります。(交換の目安・・・約40,000km)
車は約4万点の消耗部品からなりたっています。 それらを適切な時期に交換する事で安全で経済的に車に乗って頂けます。


エンジンについてタイヤについて経済的に車に乗る方法
ミユキ・オートが考える本当の車点検


ATFとは?
自動変速機用オイル
のことです。
オイル交換は
お済みですか?
エンジンオイルの豆知識
LLCとは?
エンジン内部を循環し、熱を冷ましている
冷却水です。
より良いものを
20万〜30万お安く提供。
その秘密は?
クリスタル車検って?
Copyright(C)2001 ミユキ・オート株式会社 All Rights Reserved.